• ホーム
  • 肝機能が低い人はミカルディスの服用に注意

肝機能が低い人はミカルディスの服用に注意

血圧測定器

高血圧治療において用いられる治療薬はカルシウム拮抗薬が最も標準的なものとして使用されてきました。
その効果の高さと使用経験の豊富さ、重篤な副作用の少なさといった点から、現在でも多くの治療における第一選択薬として活用されています。
しかし、最近になって新しいメカニズムによる治療薬も開発が進められてきており、アンジオテンシン2受容体拮抗薬に分類される治療薬が現場で頻用されるようになりました。
糖尿病の患者を代表としてより予後の良い治療を実現できることが知られるようになったからです。

ミカルディスはその中でも他の薬とは異なる特徴を持つアンジオテンシン2受容体拮抗薬であり、その有用性から使用頻度が高まってきている傾向があります。
PPARγの活性化作用を有することによってアディポネクチンの分泌量を増加させ、腎臓などの臓器保護作用を示すことが確認されたからです。
その特性から糖尿病患者の治療においては他のアンジオテンシン2受容体拮抗薬に比べても有用性が高いと考え、使用するケースが多くなってきているのが現状です。

しかし、ミカルディスを使用する際に注意しなければならない点として、その代謝経路が肝代謝となっているという点があげられます。
腎臓に機能的な問題がある人にとって使いやすいというのがメリットとなるものの、肝機能が低い人の場合には代謝が進まないというリスクがあります。
そのため、想定していたよりも高い濃度で作用してしまい、低血圧などの副作用が生じてしまう危険性があるのです。
そういった特徴について理解した上でミカルディスを使用する必要があるということは医療従事者だけでなく、患者側も理解しておくべき点でしょう。